世界中を旅する中で出会った景色や体験を、恋人への手紙に綴る旅人。
美しい月明かりに誘われて潜った海のこと、降り続く雨から思いを巡らせたこと、世界一宇宙に近い天文台で気づいたこと…。
旅人の手紙を通して、地球やいのちの存在の奇跡を伝えます。

文化出版局刊 きみが住む星
文化出版局刊

かぎりなくたくさんの条件をひとつ残らずクリアして、そしてきみがこの星に住むことになった。
(「最初の手紙」より)
…池澤夏樹著『きみが住む星』の「最初の手紙」、「風景を洗う」の引用を交え、
旅人が恋人に宛てた手紙とともに展開します。
科学と文学の間を、軽やかに渡り歩くような池澤夏樹の世界を描きます。

池澤夏樹

池澤夏樹
作家。1945年北海道帯広市に生まれる。埼玉大学理工学部中退。
以後、多くの旅を重ね、3年をギリシャで、10年を沖縄で、5年をフランスで過ごして、今は札幌在住。
1987年に『スティル・ライフ』で芥川賞を受賞。その後の作品に『マシアス・ギリの失脚』、『花を運ぶ妹』、
『静かな大地』、『キップをなくして』、『カデナ』『言葉の流星群』『星界からの報告』など。
理科系のエッセーに『エデンを遠く離れて』、『アマバルの自然誌』などがある。最新作は小説『アトミック・ボックス』。
2011年に完結した『池澤夏樹=個人編集 世界文学全集』に続いて、2014年末から『池澤夏樹­=個人編集 日本文学全集』を刊行。

▶▶池澤夏樹公式サイト「impala e-books」◀◀